突撃!!お仕事リサーチ!! [第2回] STUDIO IZ

2018/06/20 Teenage Kicks

TEENAGE KICKSを支えていただいている企業に突撃し、その企業が普段どんな仕事をされているのかをリサーチする企画『突撃!!お仕事リサーチ!!』

今回は、西京極にあるリハーサルスタジオ STUDIO IZ(アイジー)を、オーナーのムッティーさんの話を交えつつ紹介する。

 

 

画面右が入り口、左に見える階段の奥にスタジオが2部屋ある。

阪急京都本線 西京極駅から、線路沿いを東へ歩くと5分もしないうちに白い倉庫のような建物が見える。ここがSTUDIO IZだ。

ドアを開けると、天井が高く開放感のあるロビーが広がる。白を基調にした内壁に描かれている壁画が、店内に彩りを与えている。入ってすぐ正面に2階へと螺旋状に続く階段と、スタジオが2部屋見える。ソファやテーブル、カウンターがあり、のびのびと休憩を取れる空間になっている。

 

 

スタジオは会員制(入会金 300円)になっており、入会することでスタジオやイベントスペースの予約、クロークサービスなど様々なサービスが利用可能になる。

例えば、Aスタジオ・Bスタジオ共にバンドでの練習であれば最安値で1時間 1,500円、個人練習であれば1時間450円で利用することができる。

ギターやベースなどは無料、エフェクターは100円からレンタルすることができ、楽器を持ってなくても気軽に立ち寄って練習することができる。( 詳しくはコチラ)

 

オーナーのムッティーさん、金髪とメガネがトレードマーク。たくさん、お話ししていただきました。

28年前から続くSTUDIO IZを2015年に買い取り、それまでのIZとは全く違う遊び場としてムッティーさんのカラーに仕上げた。それからは、音楽スタジオというだけでなく、映画上映会やサッカーバーなど様々なイベントを行っているという。

 

それだけでなく、STUDIO IZの大きな特徴は『RenS music school』『ラスのお店スペース イバシ+ヨ』『楽曲制作会社 OH!!JAM』と提携し、『いい感じのゾーン』としてSTUDIO IZを拠点に活動していることである。

 

このことについてムッティーさんは、

「アイジーに来たお客さんが”フライヤー作りたいです”ってなったら「じゃあラスさん(イバシ+ヨ オーナー)に頼んだら?」ってことはできるし、”もっとうまくなりたいんです”ってなったらもちろんRenS music schoolに言えるし、”曲作って欲しいんです”っていうのも時々あるんやけど、それはOH!!JAMに振ったりできるしっていうところで、ただただ来た人も”いい感じ”に要望が答えられる状態。」と語る。

そう。つまり、ここSTUDIO IZにきてしまえば、大体の事案は解決できてしまうということだ。

 

ぜひ、何かおもしろいことが思いついたが、どうすればいいかわからないという際は、この『いい感じのゾーン』を利用してみてほしい。

 

 

建物の外壁には、『いい感じのゾーン』の他3企業の看板が。

二階のイベントスペースに併設されているイバシ+ヨ。様々な作品が置かれており、もちろん購入することもできる。

イバシ+ヨのオーナー、ラスさんと。

2017年11月に『いい感じのゾーン』の体制が完成したSTUDIO IZだが、それからも進化は止まらない。

2018年2月頃には、1階バースペースが『cafe & bar 1980』としてリニューアルし、こだわりのコーヒーからウイスキーなどのアルコールドリンクや軽食まで様々なメニューを、超低価格で楽しむことができる。

おいしいドリンクを楽しみながら、バーという場所からまた新しい出会いが生まれ繋がりができていく。

これも、他のスタジオにはないSTUDIO IZの魅力だろう。

 

 

驚きのロープライス。IZの会員であればさらに低価格で楽しめる。

 

ムッティーさんは、今後のSTUDIO IZについて

「やっぱり、このスタジオに面白い人が集まれば面白いことが起きるやん。そうやって、人が始めることなんでおもしろいことは、そういう人がもっといっぱい集まっていって、で、おもしろいことだらけになればいいなって思いますね。今もう、おもしろいからちょっと満足しちゃってる部分があるので、やっぱり満足してない奴らもいるしそういう奴らに、そのやり方とか、面白く何かをする方法とかっていうのを、このお店にいるだけで伝えていけるような。そういう空気感を出していければなって。
この人たちはこういうやり方でやってんのやとか見てても思うことがあるやろうし、誰でもできることやし。例えば、楽器をやることとか絵を描くとか、こうやって喋ることとか。の中で面白くあろうとか、これがおもしろいっていうことが実現することとか、結構、誰でもできることやと思うし。それが一人一人違うからおもしろいわけであって。そういう人らが、ジャンル関係なく集まってくれて、まぁ自分では思いつけないようなことがパッと出て来て、それが実現できたりとかしてったらおもしろいですね。」と言う。

 

 

 

笑った顔が素敵です。

ムッティーさんという人の周りに、たくさんの魅力的な人達が集まり『STUDIO IZ』は、もちろん『いい感じのゾーン』や『cafe & bar 1980』などが生まれ今まで発展してきた。これからもたくさんの繋がりが生まれ、STUDIO IZはより”いい感じ”なスタジオになっていくだろう。

 

REHERSAL & RECORDING STUDIO IZ

〒 615-0806
京都市右京区西京極畔勝町16
TEL : 075-312-3344
web site : http://studio-iz.net
Twitter : https://twitter.com/studio_iz
facebook : https://ja-jp.facebook.com/studio.iz.kyoto

cafe & bar 1980
web site : http://cafebar1980.amebaownd.com

 

文・岡本 海平
写真・濱崎 カズキ

一覧へ戻る