今後の大会運営について

2020/04/06 Teenage Kicks

2020年の【TEENAGE KICKS グランプリ大会】は、昨年同様開催を目指しておりましたが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大のため、2大会(3月京都AMATERU FES.205月大阪関西グランプリ大会)が既に大会中止となりました。

世界的な規模で拡大を続ける情勢を鑑みると、数百人規模での大会開催は不可能であると考えております。

今後も通常の大会運営を継続すべきでないという判断には至ったのですが、中学高校軽音楽部員の発表の場を生み出すという、TEENAGE KICKSの理念のもと、大会の形を少し変更して開催する事にします。TEENAGE KICKS実行委員会は、以下の2大会を映像のリモート審査によるヴァーチャルグランプリ大会として開催致します。

 

 

66日(土)・7日(日)TEENAGE KICKS京都グランプリ大会

614日(日)TEENAGE KICKS岡山グランプリ大会

 

 

大会ルールや開催の方法などは、現在調整中ではありますが、各学校への大会要綱発送と共に発表させていただけたらと思います。

勿論、ライブによる大会開催が理想ではありますが、学生や関係者の安全を担保すると共に、新しい可能性を模索する機会に恵まれた事を前向きに捉えて運営して行こうと考えております。今後の対応については、改めてお知らせ致しますので、何卒、宜しくお願い致します。

 

 

TEENAGE KICKS実行委員会 委員長 片山尚志

一覧へ戻る